営業先で名刺を渡すマナー

マナーイズマナー

営業先で名刺を渡すマナー

営業先で最低限行わなければらないことが、名刺を渡すということです。しかしながら、飛び込みの営業などでは、名刺を渡すタイミングが分からずに、門前払いをされ渡すタイミングがないということはよくあることです。そもそも、スーツを着た人が突然現れ、営業マンだということは多かれ少なかれわかるもので、そこで煙たがれることは、営業をしている人は分かりきっているものです。営業を行っていれば、名刺は最低限渡すというのは、次への期待、種まき営業など当たり前の痕跡です。 そこで、マナーよく確実に渡すタイミングは、訪問時のあいさつの際です。自分が何者であるかを名刺を渡しながら話、何の営業できているかを同時に告げることで名刺を渡すということは可能となります。また、名刺も置いて行かないというマナー違反も防止することができ、営業する方もされる方も最低限となりえるのです。何分、疎まれる営業と言う立場ですから、素直に交換して席に着くということの方が少ないものです。しかしながら、担当者へつないでもらう際の安心感など飛び込み営業であれば、この方法がマナー違反にもならず成果につながるのです。

自分だけの名刺のつくるために

名刺とは、単純に仕事のときだけではなく、プライベートでも使う場面は存在します。自分だけのオリジナルを手がけてくれる会社や、自分でつくれるパソコンのソフトが数多くありますが、いったいどのようなデザインや内容にすれば、自分だけの個性を打ち出せるのか、それを考えていきましょう。
記載する情報は、名前や電話番号、メールアドレスなどが一般的でしょう。ですが、その表記の仕方も、英字にするか漢字にするかで、だいぶ印象が変わります。また、あまり情報を載せすぎると、ごちゃごちゃした印象になってしまい、もらった相手からの印象が悪くなってしまうでしょう。
名刺自体のカラーを選択できる会社も存在します。自分の好きな色や、あまり威圧的にならない淡い色を選ぶのが一般的です。なかには、軽いデザインの絵をいれる場合もありますが、あまり主張のないものにしましょう。それは決してメインではなく、一番重要なのは、あなた自身の情報ですので、それを上回る主張の絵は避けるべきです。
縦書きにするか横書きにするかというのも重要な要素です。基本的には横書きが一般的ですが、縦書きというのも味があり、個性が打ち出せます。結局のところ、名刺をどのような状況下で使用するかをよく考えたほうがいいでしょう。一般的な企業にお勤めの方が、カラフルなものを出すというのは、さすがに非常識です。
しっかりと自分の状況や、相手が受け取ったときに受けるであろう印象を想像し、依頼をするなり自分でつくるなりをすることが重要になります。

Favorite

UVカット・遮熱、断熱窓ガラスフィルム専門施工販売店

断熱フィルム

不用品回収とリサイクル品の買取で、毎日15台位のトラックが、お客様宅にお伺いしています

不用品回収

新小岩の患者様を中心に地域密着で20年間、多種多様な病気の初期医院として患者様に納得頂ける治療を行っている内科です。

新小岩 内科

郵便受けやおしゃれな表札などデザインにこだわったエクステリア用品の通販サイトです。

デザイン表札

最終更新日:2016/1/21


PAGE TOP

COPY RIGHT(C) マナーイズマナー ALL RIGHT RESERVED